4月28日の妄想

 

【無差別告白】

 

誰でもよかったのです。

将来に絶望しかなく、

このまま一生童貞として生きて死ぬのかと思うと、

すべてがどうでもよくなり、

告白に及びました。

はい、たまたま道を歩いていた女性を狙ったのです。

 

被害者の方へは大変申し訳ない事をしたと

深く反省しております。

告白される必要など全く無い(匿名)さんに告白してしまい、

私自身「いったい何故告白などしたのだろう?」と

後悔するばかりです。

 

ええ、遺族の方は先ほど来られました。

目の前で「どうしてうちの子が!」と泣き崩れる姿に胸を痛めました。

そうですよね、告白されるべき理由でもあれば、

まだ納得できたのでかもしれません。

 

それでも、あの時は、どうしても告白したかったのです。

告白しないと気が狂いそうな衝動を止められなかったのです。

誰でもいいから、告白したい。

誰でもいいから、付き合いたい。

誰でもいいから、セックスしたい。

そのような妄想に憑りつかれ、事実、無差別告白という

決して赦されない罪を犯してしまいました。

 

愛や「段階を踏む」なんて事は考えませんでした。

当時の私にはそんな余裕ありませんでした。

 

一生をかけて償いたいと思います。

本当に、申し訳ございませんでした。

 

【満員電車にて】

 

確かに、最初から勝負などしなければ、

勝つことも負けることもありません。

行き場のない悔しさで握った拳に爪を立てる事もないでしょう。

罪の無い相手を憎んでしまい自分の愚かさを責める事もないでしょう。

 

諦めることは簡単です。

欲望を持たない生き方はとても楽です。

そのほうが心穏やかに過ごせるでしょう。

「現状満足」という言葉は謙虚で尊く聞こえます。

 

しかし、本当に、心の底から満足しているのでしょうか?

 

無理に現状を肯定する生き方は果たして本当に素晴らしいのでしょうか。

何も望まないふりをして他人を妬む心を必死に抑えつける人生に悔いはないのでしょうか。

もちろん、本当に現状に満足できる人間なら問題ありません。

 

私は戦います。

 

座席争いという勝負を。

 

【愛せなかった】

 

しかたないわよ。

人と人との関係なんて、努力でどうにかなる問題じゃないもの。

無理をして愛そうとしたって何の意味も無いわ。

罪? 無いわよ、そんなもの。

別れればいいじゃない。

できない? かわいそう? 彼には私しかいない?

バカ女の言い分そのものね。

同情で付き合ってどうするの。

お互い不幸になるだけだわ。

そうよ、愛せない相手と一緒にいるなんて地獄じゃない。

地獄なんて死んでからで充分よ。

愛さなきゃ、愛さなきゃ、って

そうやって自分を追い込んで、本当に愛せると思う?

心から愛せると思う?

もう、分かっているんでしょう。

認めて、受け入れなさい。

愛せない事を。

 

「でも、実の息子なんだ・・・」

 

ゴメン、今の話、全部無し。

 

添ゆたか(そえゆたか)1989年生まれ。好きな洗剤はアリエール

copyright © 詩の出版社 midnight press All rights reserved.