「ごみの日」

 

生ごみにあいた穴から生ごみが落ちてくる正しさをぶち壊したくなるけれど

そんなことをしたら壊れてしまうのは私ですから

 

今日は何曜日 今日はゴミの日 私の日

明日は何日 明日は息子の誕生日

 

男をA点とし私をB点とし出来上がった底辺から生まれた息子を頂点とし

二等辺三角形を作る

 

29歳になる彼は弟が欲しいと言った

「おまえらセックスしてないだろう

 おまえらセックスしてないだろう

 おまえらセックスしてないだろう

 おまえらセックスしてないだろう」

彼は29本のロウソクを切り分けられたケーキに突き刺し

それはそれは醜い姿に切り分けられたケーキケーキを崩した

「君は今ケーキの三角形と我々の三角形、両方を崩したわけだね」

「そのとおりです、おとうさん」

おめでとう、おめでとう

ありがとう、ありがとう

私はずっと尿意を我慢していた

 

私はヘソを舐めることが出来なかったので唾液をヘソに塗った

あなたは子どもを欲しがったので私は子どもを生んだ

いりますか(男の子ですか)

捨てますか(女の子ですか)

燃えますか(五体満足ですか)

埋めますか(それで満足ですか)

うめません、うめません、

私にはうめません

 

ママとしりとりをして遊ぼうか

先に狂ったほうが負けだよ

きょうききょうききょうききょうき

きょうききょうききょうききょうき

きょうききょうききょうききょうき

きょうききょうききょうききょうき

 

あなたの吐く息に一度でも不快をおぼえてしまえば

二度と愛せない

「君の嫌がるところは全て直すから」

あなたの呼吸するところが嫌い

 

生まれてこなければよかった、と彼は言った

私も、と同意した

どうして僕を生んだのか、と彼は訊いた

私は性行為と打算と社会的評価について事細かに説明した

 

あたたかな家庭

あたたかと仮定

あさはかな過程

 

ごみが生ごみがあらゆるゴミが部屋を私を埋め尽くす

いっそ燃やしてしまおうか

ダメダメ電池は有害ごみ

要らないと言って、要らないのならちゃんと捨てて、

「これでも昔は必要だった」

無駄な感傷

くそくらえ

 

清掃車が行ってしまう

添ゆたか(そえゆたか)1989年生まれ。好きな洗剤はアリエール

copyright © 詩の出版社 midnight press All rights reserved.